専業主婦が在宅で稼ぐブログ

具体的なアクセストレードについて♪♪

本日もご覧いただきありがとうございますニコニコ

 

 

情報商材専門店 「情報商材販売屋

 

 

店主の上井まさこですウインクキラキラ

 

 

 

 

 

前回の続きの記事になります。

過去の記事は、こちらを参照してください。

 

 

 

 

 

アクセストレードについて

 

少しおさらいをしましょう。

 

 

アクセスを交換するには、

 

主に2つの方法があります。

 

 

それが、

 

①リンク・RSS登録

 

②文字・画像リンクでアクセスを送る

 

というもの。

 

リンクとは、

 

自分のサイトに相手サイトの名前を被リンク、

つまり表示してあげること。

相手も同様の行為をすることで相互リンクとなります★

 

RSSとは、

サイトやブログの

記事更新情報を簡単に配信する機能のことを言います★

 

 

 

 

 

そして、

 

文字・画像リンクでアクセスを送る方法が

 

一番多くのアクセスを送れるということ。

 

 

 

これらをお伝えしてきました。

 

 

 

 

 

それでは、

 

 

実際のアクセストレードは

 

どのようにして実践していくのか??

 

 

 

同規模のサイトや、

 

同ジャンルのサイトへ

 

アクセストレードの依頼を

 

メールでしていきます。

 

 

 

内容は、

 

 

相互リンク、

相互RSSをしませんか?

 

 

というもの。

 

 

 

 

また、

 

アクセス量が多いサイトの中には、

 

コンテンツの質によって

 

相互リンク・RSS登録

 

してくれるサイトもありますので、

 

どうしてもアクセストレードしたいサイトには

 

文字・画像リンクで多くのアクセスを送り、

 

繋がれるようにアプローチしていきます★

 

 

 

これがアクセスを増やすための

 

ポイントの一つになります!

 

 

 

 

 

もう一つ

 

アクセスを増やす上で

 

最も大切なポイントがあります。

 

 

 

 

 

それはまた

 

次回の記事でご説明していきます★

 

 

 

 

 

本日もご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

今すぐにでも、

 

2ちゃんねるまとめサイトのビジネスを

 

始めたいという人は、

 

資料も販売していますので

 

参考にして下さい。

■2ちゃんねるまとめサイト㊙情報

商品ページはコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■【初心者向け】自己アフィリエイト入門

商品ページはコチラ

 

 

私が初めて出会ったネットビジネスで、

 

ネットでできる副業を探していた際に見つけた方法です。

 

 

自己アフィリエイトと言われるもので、

 

短期間に簡単に収益を出すことができました。

 

 

ネットビジネス初心者の私でもできたので、

 

これからネットビジネスに挑戦するという方にはオススメです。

 

 

ただ、一時的に収益を得る方法なので、

 

一度収益が出てしまえば継続して稼いでいくことは難しいのがデメリットです。

 

 

 

 

 

 

 

■1カ月以内に100万円稼ぐ方法

商品ページはコチラ

 

 

私が、自己アフィリエイトをしている中で

 

閃いた短期間で大金を稼ぐ方法になります。

 

 

スマホ一台で簡単に収益を得ることができるのがメリットです。

 

 

しかし、自己アフィリエイト同様

 

工夫をしなければ、

 

単発で終わってしまう事がデメリットとして挙げられます。

 

 

 

ただ、これから何かビジネスを始めようと考えている方や、

 

今すぐにお金が必要な人にとっては

 

単発でも、短期間で大金を得ることができるので

 

効率の良い素晴らしいビジネスモデルだと思います。

 

 

 

 

 

 

以上、商品紹介になります。

 

他の商材も現在執筆中ですので、

 

ご期待頂ければと思います!

 

 

 

 

他では見たことのない

 

「レア商材」も用意しておりますので、

 

ぜひ楽しみにお待ち下さい♪

 

 

 

 

 

当店に関してのご質問や、

 

商材に関してご要望などありましたら

 

お気軽にお問合せ下さい(`・ω・´)

 

 

 

お問い合わせはこちら → お問合せ

ショップはこちら → 情報商材販売屋

情報商材販売屋をどうぞよろしくお願い致しますルンルン

この記事の関連キーワード

この記事の関連記事

コメント