専業主婦が在宅で稼ぐブログ

【必見】誰でもできる恋グルの作り方!

本日もご覧いただきありがとうございますニコニコ

 

 

情報商材専門店 「情報商材販売屋

 

 

店主の上井まさこですウインクキラキラ

 

 

 

当店でお取り扱いが始まった「恋グル」の情報商材が、早くも大人気で驚いています!!

 

「恋グルってなに??」

 

という方は、こちらの記事を参照して下さい。

 

 

色んなグルに参加してみて、「自分でグルを作りたい!」と思ったことはありますか??

実際に多くのグルを経験した結果、自分でグルを作りたいという気持ちが強くなるのです。

 

今日は、誰でもできる「恋グル」の作り方についてご説明していきたいと思います。

 

「恋グル」作成の手順

それでは、恋グル作成の手順について説明します。

  • メンバー集め

ネットの恋グル専用掲示板、またはTwitterやフェイスブック、mixiなどのSNSでメンバーを募集します。

グルの人数は、少なくて10人、多くて50人程度のグルが多いのが一般的です。

自分が管理できる人数を調整しながらメンバーを集めて下さい。

 

 

  • LINEグループ部屋作成

メンバーを招待する前に、LINEでグループ部屋を作成します。

ここでは、グループ名、ルール、初期メンバーのアルバムなどを準備しておきます。

グループ名は恋グルらしい可愛いものにするところが多いです。

ルールは恋グルを知らない人が読んでも分かりやすいものにしましょう。

アルバムは男子メンバー、女子メンバー、管理人という形で分け、メンバーが参加した時に一目見て分かりやすいものにして下さい。

 

 

  • グループメンバーの招待

いよいよ恋グルに参加するメンバーを招待します。

一気に大人数を招待することになるため、LINEで検索できるように工夫しましょう。

例えば、「LINE名 グル」という名前に変更しておくと、検索で「グル」と入れたらそのグルのメンバーだけが表示されるようになります。

これで一気に招待する際に、メンバーを選択しやすいのでお勧めです。

 

 

  • メンバーへのルール・アルバム確認の促し

メンバーを招待後、まずはノートのルールとアルバムを見てもらいます。

ルールで分からないことがあれば質問するように伝えましょう。

また、これから恋をする、または仲良くなるメンバーを把握してもらうため、アルバムを確認してもらうように伝えます。

あとは、メンバー同士が仲良くなれるようにメインでの話題振りをしていきましょう。

 

 

まとめ

今回の記事は、「管理人になりたい!」という人にとっては役に立つ内容だったのではないでしょうか??

 

一通り色んなグルを経験すると、「もっと良いグルを作れるんじゃないか!?」と考える人がでてきます。

多くのグルがあり、どんなグルにもそれぞれの個性があるのです。

 

グルの形に正解はありません。

これから管理人になる方は、自分が、そしてメンバーが楽しんで恋をできる環境を整えてあげましょう!

 

 

「恋グル」とは本来、未婚の方へ向けた”次世代の出会いの場”になります。

これから「恋グル」の世界へ飛び込もうと考えているあなた。

ここに書いていることを読んで不安にもなったかと思います。

 

そのような人たちの不安を取り除くためにも、「恋グル」の全てについて記載した「情報商材」をご紹介致します。

→ (※商品についてはこちらを参照してください。

 

 

これを読めば、「恋グル」の世界に飛び込んでみたいと思えます。

そして、婚活に対して積極的な行動ができるでしょう。

 

すでに「恋グル」を知っている方や、「既婚者」にも、とてもタメになる情報が詰まっています。恋人を作りたい人は必見の教材となっています。

 

 

すでに「恋グル」にはたくさんの種類が存在しています。そんな中から、自分に合った「恋グル」を探すのは難しいのです。

 

そこで、「恋グル紹介サービス」をしている人を見つけたので、良かったらその方のLINE@登録をしてみて下さい。

→ (※LINE@無料登録はこちらから!

 

 

本日もご覧いただきありがとうございます。


 

 

 

他では見たことのない

 

「レア商材」も用意しておりますので、

 

ぜひ楽しみにお待ち下さい♪

 

 

 

当店に関してのご質問や、

 

商材に関してご要望などありましたら

 

お気軽にお問合せ下さい(`・ω・´)

 

 

 

お問い合わせはこちら → お問合せ

ショップはこちら → 情報商材販売屋

情報商材販売屋をどうぞよろしくお願い致しますルンルン

この記事の関連キーワード

この記事の関連記事

コメント