専業主婦が在宅で稼ぐブログ

離婚するまでの夫と妻のライアーゲームをご覧下さい・・・

本日もご覧いただきありがとうございますニコニコ

 

 

情報商材専門店 「情報商材販売屋

 

 

店主の上井まさこですウインクキラキラ

 

 

 

当店でお取り扱いが始まった「恋グル」の情報商材が、早くも大人気で驚いています!!

 

「恋グルってなに??」

 

という方は、こちらの記事を参照して下さい。

 

前回の記事が早くも反応が良く、

 

「不謹慎かもだけど、面白かった!」

「恋グルに入る前に参考になる!」

 

などのお問い合わせを頂きました。

→ (※こちらの記事を参照して下さい。

 

 

今回は少し長文のお話です。

 

地域限定の「恋グル」で出会ったのですが、実は同じ職場だった女性とお付き合いを始めた男性。

 

しかし、この男性は既婚者だったのです・・・。

 

この男性が妻と離婚するまでの会話のやり取りをご覧下さい。

 

 

離婚するまでのライアーゲーム

俺(どれだ!!?!?! あれか!? いやあれか!?!?!? おあああああああああ!!!)

 

嫁「座ったら。疲れてるでしょ」

 

俺(ひぇ…)

 

俺「うん……あーつかれたなぁ。ごはん今日なにかなー」

 

嫁「あのね。あなた。ちょっとテレビつけないで」

 

俺(「あのね」から入る → 真剣な話)

俺(あなた呼び → やべー話をする時)

俺(テレビ禁止 → 大声を出したくない話)

俺「ん……」

 

嫁「別にね。私怒ってるとかそういうことじゃないんだけどね」

 

俺「え……」

 

嫁「心当たりあるかなぁ?」

 

俺(…どれだ…あれか?あれか?)

俺(自白強要せこいぞ!!!)汗ダラダラダラ

 

嫁「あぁ、ごめん。帰ってきたばっかりであついよね」

嫁「クーラーつけていいよ」

 

俺(恐怖でリモコンとる手が動かんのですが)

 

嫁「……でね、どうしよっか」

 

俺(お前はなんの話をしてるつもりなんだ。俺はエスパーじゃねぇんだぞ)

俺「あぁ、あー…あのさ」

俺「なんの…」

 

嫁「わかってるでしょ(小声)」

 

俺(いやーわかんねぇっす。なにが地雷だった)

俺(①この前の休みの日に誘われたデートを断って友達(女)と遊びにいった)

俺(②独身時代からの大量のいやらしい本とビデオが見つかった)

俺(③上司と同僚と一緒に飲み屋いったのがバレた)

俺(④同僚女とサシ飲みしまくってるのがバレた)

俺(⑤嫁が遊びにいってる日に恋グルの女を自宅に勝手に呼んだのがバレた)

俺(どれだ……選択をまちがえるとまずいっ!!!)

俺「あーいや…ちょっとよくわかんな…」

俺「え?え? な、な、なんか記念日とか…俺忘れてたっけ? あっ」

俺「そっか」パン(謎の手拍子)

俺「そうや、プロポーズ記念日だ!? ね?」

 

嫁「……へぇ。そうでしたっけ」

 

俺「あ…」

俺(ああああああああああああああああああああああ)

俺(今日はガチのマジでやばそう)

俺(あーこれぜったい…これぜったい女絡みのあれだわうん)

俺(①〜⑤のどれかで確定だわ。あ、しんだっぽい)

俺(土下座か? 1年ぶりくらいに土下座かな)

俺(いやーでもまずいな。これスマホとか見せろっていわれるパターン)

 

嫁「最近、おもしろいスマホゲームやってる? なんかさ、ずっと触ってるよね」

 

俺(あああああああああああああああああ)

俺(グル入ってることに気づいてりゅうううううううううう!!!!)

俺(ってことはだ…)

俺(①か④⑤だわ。これ)

俺(いやらしい本とビデオは違うわ。飲み屋も証拠は隠滅してるし、上司同僚も既婚で誰かにリークするわけないしないわ)

俺(あ…終わった)

俺(あっ……しんだっぽい)

俺「いや…ただの付き合いっていうか、えーっと…」

俺「友達、だよ?」

俺「ただのね。ほんとにただの友達!」

俺(①でありますように…①ならまだセーフ……おねがいいいいいい)

俺(一か八か!! 聞くか! 聞いてみるか!!)

俺「だって、亜美はグルっていうので出会ったし、俺にとってまぁ…半分妹みたいな感じだし」

俺「それに…日曜先約してたのあっちだから」

俺「そんな疑われるようないかがわしいことしてないし…ちょっと近況報告に花咲かせてだべっただけ」

 

嫁「はえ? 亜美ちゃん? 誰なの」

 

俺(あああああああああああああああああああああああ)

 

嫁「っていうか」

嫁「日曜亜美ちゃんとデートしたんだ? へぇ……へー」

嫁「そっか…」

 

俺(んおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!! あああああああああああああああ)

俺(墓穴ほったああああああ!!)

 

嫁「そっかぁ……私たのしみにしてたのに亜美ちゃんね」

嫁「じゃあそのことはあとできくからさ…あとがあれば」

 

俺「…」ブルブル

 

嫁「これ、なに?」

俺「これは……髪の毛…です」

 

嫁「私、カラーいれてないのわかるよね。これ何色」

嫁「私こんな長くないよね」

 

俺「……」

 

嫁「掃除してたらね。おちてた」

 

俺「……」ゴク

俺(生存確率、1% ここで回答を間違えればしぬ)

 

嫁「誰の?」

 

俺「……んー…」

 

嫁「もしかしてさ。お義母さん、来たの?」

 

俺「え…」

 

嫁「お義母さんがあそびにきてくださったの? ねぇ? そうなの?」

 

俺「ぉ……ぉ…う」

俺「ちがいます…」

 

嫁「だよね。もう聞いたもん」

 

俺(っぶね!! んな浅いトラップにひっかかるか!!)

 

嫁「お義母さんだったらよかったのにね」

 

俺「ぁ……」

 

嫁「お義母さんだったら、全然、よかったのにね…」

 

俺「ちょ…」

 

嫁「…っ、っ…う、う……」

 

俺「ごめんね。この前、女の友だちが、ちょっと仕事のことで聞きたいことあるって」

俺「外で話してたんだけど、あんまり長居できなくて」

俺「ちかくだったから、ついうちでくつろいでもらおうと、呼んじゃった…ごめん」

俺「ほんと、お茶してかえっただけだから」

 

嫁「じゃあなんで寝室の枕についてたの…」

 

俺「……」

俺(   )

俺「はい……んー…あー…」

俺「ちょっと横に、横になりたいって、その疲れたから」

俺「仮にもほら、休日にさ、わざわざ仕事のことで」

俺「そう、仕事のことで!! 時間つかって、ほら。あれじゃん」

俺「がんばってる(?)みたいな感じだったから、眠くなったんだろうよ」

俺「ちょっと目離したすきにね、ベッドで横になってて…」

俺「おいーかえれよーそこおるの嫁さんばれたらやばいってーw みたいな事いってたんだけど」

俺「あー…ごめんな、俺掃除すべきだったわ」

俺「ほんっっっとに反省してる!!」

 

嫁「そう……仕事で…」

 

俺「うん!!! ほんと仕事!!」

俺「ちょっとスケジュール混んでて、休みでも打ち合わせしなきゃいけなくて」

 

嫁「ふたりきりで」

 

俺「ふ、ふたりきり…なんだけど、その、たまたま他の奴はちょっと予定厳しくて」

 

嫁「仕事なのに?」

 

俺「仕事なんだけどーーーー、まぁそこまで超優先ってほどでもないんだけど」

俺「どうせお前あの日いなかっいし、俺も時間もてあましてたから、ちょっとじゃあ先に進めちゃおっかみたいな感じで」

俺「打ち合わせね。したんですわ」

 

嫁「ベッドで」

 

俺「いや、ベッドは違うっていまいったじゃん!! 昼寝!」

 

嫁「……」

 

俺(あれ……)

 

嫁「数えてたんですよ…私…」

 

俺「へぇ!? はぁ? ふぅ!?」

 

嫁「はは…」

 

俺(なんだこいつ…こわっ)

 

嫁「減ってました。1個減ってた、ははっ」

 

俺「え……何」

 

嫁「使ったでしょ。ねぇ。避妊具。なんで?」

 

俺「……」

俺「……」

俺「……っ!」

俺(オワタ。後始末は完璧だったのに)

俺(あ、やば。俺しんだわ)

俺(詰みです!!!)

俺(なんでこいつ数えてんだよ…やべーって)

俺(やべぇって。え…なんで)

俺「誠にもうしわけございませんでした!!」

 

嫁「へー、あたってた」

 

俺「!!?!?!?!?!?!?!?」

 

嫁「なんか減ってるような気はしたけど」

嫁「わからないよ? 数えてるわけないじゃん……そんなの」

嫁「はぁ……」

嫁「信じたくないなぁ」

嫁「やだなぁ…ほんとやだな」

嫁「しにたいよ…」

 

俺「ごめん……」

俺(俺もしにたい)

 

嫁「どうしよっか」

 

俺「……謝罪するしかないです」

 

嫁「でもそんなことされてもさ、しちゃった過去は消えないよ」

 

俺「……ごめんなさい」

 

嫁「その人はどうしてるの」

 

俺「……」

 

嫁「そっか。もう私のこといいんだ」

 

俺「ちがう…その時はたまたま魔が差して…」

 

嫁「魔が差して家に呼んで、魔が差してしちゃうんだ…」

嫁「おわりだね」

 

俺「嫌です…」

そのあと離婚して慰謝料ふんだくられました・・・。

子供いなくてよかったです 。

ほぼ実話なのでおもしろいオチはないです・・・。

同僚女には彼氏がいるので以降なにも関係はもってないです。

女は怖いぞって話 でした・・・。

おわり

 

 

まとめ

真剣な話をしているはずなのに、なぜか笑ってしまいそうになりますよね(笑)

 

まさに漫画ライアーゲームのような騙し合いでした!

 

地域限定のグルだと知り合いに会う可能性は高いですが、まさか同じ職場なんて信じられませんよね。

 

それにしても、既婚者が未婚の女性とお付き合いしてはいけませんよね。

 

妻にも彼女にも悪い事をしていると思います。

 

このお問い合わせをくれた女性は、元妻となったわけですが、慰謝料をたくさん取れて良かったです。

 

 

「恋グル」とは本来、未婚の方へ向けた”次世代の出会いの場”になります。

これから「恋グル」の世界へ飛び込もうと考えているあなた。

ここに書いていることを読んで不安にもなったかと思います。

 

そのような人たちの不安を取り除くためにも、「恋グル」の全てについて記載した「情報商材」をご紹介致します。

→ (※商品についてはこちらを参照してください。

 

 

これを読めば、「恋グル」の世界に飛び込んでみたいと思えます。

そして、婚活に対して積極的な行動ができるでしょう。

 

すでに「恋グル」を知っている方や、「既婚者」にも、とてもタメになる情報が詰まっています。恋人を作りたい人は必見の教材となっています。

 

 

すでに「恋グル」にはたくさんの種類が存在しています。そんな中から、自分に合った「恋グル」を探すのは難しいのです。

 

そこで、「恋グル紹介サービス」をしている人を見つけたので、良かったらその方のLINE@登録をしてみて下さい。

→ (※LINE@無料登録はこちらから!

 

 

本日もご覧いただきありがとうございます。


 

 

 

他では見たことのない

 

「レア商材」も用意しておりますので、

 

ぜひ楽しみにお待ち下さい♪

 

 

 

当店に関してのご質問や、

 

商材に関してご要望などありましたら

 

お気軽にお問合せ下さい(`・ω・´)

 

 

 

お問い合わせはこちら → お問合せ

ショップはこちら → 情報商材販売屋

情報商材販売屋をどうぞよろしくお願い致しますルンルン

この記事の関連キーワード

この記事の関連記事

コメント