専業主婦が在宅で稼ぐブログ

「好き」ってなに??どういう状態??

本日もご覧いただきありがとうございますニコニコ

 

 

情報商材専門店 「情報商材販売屋

 

 

店主の上井まさこですウインクキラキラ

 

 

あなたは人を好きになったことはありますか??

 

私も結婚する前はたくさんの恋愛をしたと思います。

 

既婚者になってから初めて、恋することの楽しさと、もう一度あの時の気持ちを思い出したいなっていう気持ちになるのです。

 

そんな既婚者の私に、よくこんな質問がきます。

 

「人を好きになったことがありません。もしかしたら気付いていないだけかもしれないです。好きってなんですか??どういう気持ちですか??」

 

良い質問ですよね。

 

誰もがみんな「好き」について考えると思います。

 

それでは人を好きになるとどうなるのか??

 

説明していきたいと思います。

 

「これが好き!?」だと分かる4つのポイント

「好き」になると人はどうなるのでしょうか??

 

何をしていても考える

分かりやすい例をだすと、欲しい物で考えてみます。

 

欲しい物ってすぐに手に入れたいし、そばに置いておきたいですよね??

 

買い物をしていて見つけた可愛い服や靴、最新の家電やスマホ、おもちゃやゲームなど、人によって欲しい物は様々です。

 

でも一度欲しいと思ったら、その事ばかり考えちゃいますよね。

 

恋愛も同じなのです。

 

恋をすると、気持ちが相手に向かって一直線になります。

 

つまり、「好き」になるとその事しか考えられなくなるのです。

 

好きな人の事は目で追ってしまいますし、できる事なら穴が開くほど見ていたいですよね。

(これを言うと、よくメンヘラだと思われます。)

 

相手の事を考えすぎて、自分が自分じゃなくなるような感覚になったら、それは「恋をしている」といっても過言ではないでしょう!

 

 

そばにいたい

「好き」という感情には、色々な種類があることをご存知ですか??

 

例えば、飼っているペットに対する「好き」だったり、昔からの付き合いで友だちとしての「好き」だったり、アイドルが「好き」という場合もあります。

 

どの「好き」も恋愛感情の「好き」とは違いますよね。

 

それではどうすれば恋愛感情の「好き」と分かるのか??

 

答えはシンプルです。

 

「この人のそばにいたい」

「手を繋ぎたい」

「キスしたい」

 

このような感情が沸いてくるかどうかです。

 

今気になる人がいるなら自分の胸に聞いてみて下さい。

 

少しでもこれらの感情があれば、それは「恋」です。

 

特に男性と比べて、私たち女性は「相手に触れたい」と思うハードルが高いので、自分にとってその人が特別な存在なのか、を知るためのポイントになります。

 

「これが恋なのかな?」と思ったときには、こういう気持ちを判断材料にして下さい。

 

 

ヤキモチが止まらない

誰でも好きな人には自分だけを見てもらいたいですよね!

 

でも残念ながら恋愛は、綺麗なだけじゃないんです。

 

辛かったり苦しかったりといった、マイナスな感情も全部含めて恋愛なのです。

 

「他の子と楽しそうに話してる」

「他の子の話をしてくる」

「あの子との距離が近い」

 

このようにヤキモチを妬いた経験はありますか??

 

気になる人、好きな人がいる方は、こんな風に心をかき乱されたことがあるかもしれませんね。

 

ずっとヤキモチを妬いてしまって、相手に当たってしまう事もあります。

 

恋愛で嫌な思いをすると、胸が張り裂けそうに痛むものです。

 

しかし、ヤキモチは立派な愛情表現です。

 

辛いことも楽しい事も含めて、恋愛を楽しんで下さい。

 

ヤキモチの分だけ、相手の事を想っているということですよ。

 

 

知りたい!知ってほしい!

好きになればなるほど、相手の事を知りたい!と思いますし、他の誰も知らない一面を、自分にだけ見せてほしいと思ってしまいます。

 

そんなワガママな気持ちになってしまうのも恋愛の要素なのです。

 

しかし、「知りたい」という気持ちを一方的に押し付けてしまうと、相手は疲れてしまいます。

 

好きだからこそ、相手の負担にならないように気遣いも忘れないようにして下さい。

 

相手の事だけでなく、自分の事も知ってもらいたいと思うのが恋愛です。

 

あまり人には言えないような自分の秘密も、好きな人には理解してもらいたいという欲求が働きます。

 

お互いに理解し合うことで、心の関係を深めることに繋がるのです。

 

相手の事を知りながら、少しずつ反応を見て、自分の話もしていきましょう。

 

知りたい!知ってほしい!という気持ちを大切に。

 

まとめ

これらの事から、「好き」になると自分が自分ではないような状態になってしまいます。

 

相手と関わることでドキドキしたり、触れたい、一緒に居たいと思います。

 

しかし、「他の人と関わってほしくない!」と思ってしまうマイナスな感情もでてくるのです。

 

嬉しい事も楽しい事も、辛い事も悲しい事も全部含めて恋愛です。

 

辛い事ばかりの恋愛でも、「恋したくない」と思わないで下さい。

 

相手の事ばかり考えてドキドキできるのは、今しかない特別な時間です。

 

「あの時こうしておけば良かった!」と後悔しないように全力で恋愛を楽しんで下さいね。

 

 

本日もご覧いただきありがとうございます。


 

 

当店に関してのご質問や、

 

商材に関してご要望などありましたら

 

お気軽にお問合せ下さい(`・ω・´)

 

 

 

お問い合わせはこちら → お問合せ

ショップはこちら → 情報商材販売屋

情報商材販売屋をどうぞよろしくお願い致しますルンルン

この記事の関連キーワード

この記事の関連記事

コメント